海外でデビットカードを使うときの英会話

海外では治安面の問題で、現金を多く持ち歩くことはありません。日本のように現金決済が主流ではなく、クレジットカードやデビットカードによる決済が主になっています。英語圏では、大きな額の買い物をする時はクレジットカードを使い、日用品や食料品を購入する時は、預金口座から即時で引き落としができるデビットカードを使う人が多いです。渡航先でデビットカードを利用する際に、英語での応答が必要になりますので、心得ておくと便利です。

渡航先の店舗で支払いをしようとした時にカードをレジの担当者に渡すと、Credit or Debit?と尋ねられます。これは、日本語でクレジットかデビットか?と聞かれています。海外ではキャッシュカードにデビットとクレジットの両方の機能がつけられているものがあるからと考えられます。デビットカードを利用する場合は、On Debitと答え、暗証番号を入力して決済します。

また、スーパーマーケット等でデビットカードの決済を利用した場合に、Would you like cash back?と聞かれる場合があります。これは、現金を引き出しますか?と尋ねられているのです。海外では品物を購入した時に、レジから預金口座に手続きをして、ついでに現金を引き出せるシステムがあり、ATMに出向かなくても手数料無料で出金できるサービスがあります。入手したい金額にpleaseを付け加えてお願いすればいいですし、必要ない場合はNo, thank youと言えばそれで済みます。ごく少額の金額の出勤に限られ、アメリカの場合は50ドルほどまでしか引き出せませんが、治安の問題を考えると充分な金額でしょう。
デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)はこちら